北海道にもある通信制高校の特徴と魅力

デメリットの1つは、自主的に勉強を進めなくてはならないということ

通信制なら時間の融通が利くというメリットがある通信制高校は全日制と比較すると安く通うことができるメリットもあるデメリットの1つは、自主的に勉強を進めなくてはならないということ

しかしその反面、デメリットもあることは知っておきたいところです。
その1つは、やはり自主的に勉強を進めなくてはならないということです。
自律することが出来なくては、つい勉強をサボってしまうことにもなりかねません。
卒業したあと目標がはっきりしていると、やる気を維持することが出来る可能性が高まると考えられるのでしっかりとした目標を持つことをおすすめします。
もし自分で勉強するのが難しい場合には、サポート校や塾を利用するのが良いでしょう。
加えて1人で勉強しなくてはならないので、人と関わる時間が少ないということもデメリットの1つに挙げられるかもしれません。
一般的な高校と比較すると登校日が少ないので、他の生徒や先生と過ごす時間は少ないのが特徴です。
北海道には様々な通信制高校がありますが、学校によっては道内からだけでなく全国から入学することができるところもあります。
また色々なコースがあり、例えば大学進学を目指す人向けのものや音楽・スポーツ・美容などの業界を目指す人向けのコースがある学校もあります。
卒業後の進路を考えて選ぶことが出来るのが良いところです。
新入生の募集は3月や4月におこなわれることが多いですが、転入に関しては随時募集となっていることが一般的です。
他の学校からの編入に対応しているところもあります。
一般的に通信制の学校は単位制となっていて、必要な単位を取得することで卒業できるようになります。
最も早ければ3年で卒業できますが、長い時間をかけて自分のペースで卒業する人もいるようです。

北海道の通信制高校 | 通信制のNHK学園高等学校